七福神占い日本橋

七福神占い日本橋

【七福神占い診断・開運招福】

あなたの誕生日に宿る最も本質的なエネルギーと結びつく、守護してくれている七福神がわかる。古神道の法理に基づいた本当に当たる七福神占いです。この無料占い診断は七福神のご加護だけでなく、あなたが恵まれる能力や運勢・相性の良い人や運命の人の傾向がわかる。あなたを護ってくれている主なスピリチュアルエネルギーや色・ラッキーパワーストーンも。。。

受け取りメールアドレスはGmailなどHTMLメールを閲覧できるものをお勧めいたします。】

ーホントに当たる七福神占い|日本橋スピリチュアル開運診断ー

七福神は幸福をもたらすとされる七柱の神のことです。恵比寿・大黒天・毘沙門天・福禄寿・寿老人・弁財天・布袋尊を指します。七は元来聖なる数として重んじられ七福とは七難七福という「仁王護国般若波羅密教」の中の言葉に由来するともされています。江戸時代には宝船の題材にもされ広く民衆に受け入れられました。七福詣は今も昔も変わらぬ開運行事として行われています。大黒天はインドの神、恵比寿は漁業の神、毘沙門天はインドの四天王の神で護国神である。福禄寿・寿老人は南極星の化身とされ中国の道教に由来、弁財天は水の神サラスバティで知恵の女神である。布袋は中国の実在の僧侶で円満な風貌から福の神とされた。吉祥天が加えられることもあるがインドの美の化身、ラクシュミーである。

【不思議とあなたの本質が視える無料配信をシェア】

七福神占い公式ページ・無料コンテンツ

Copyright © Spiritually-Tokyo. nihonbashi-uranai All Rights Reserved.

 

東京で当たる占い悩み相談カウンセリング

日本橋の七福神巡りについて

七福神と言えば、

福禄寿(ふくろくじゅ)、

布袋尊(ほていそん)、

弁財天(べんざいてん)、

大黒天(だいこくてん)、

毘沙門天(びしゃもんてん)、

寿老人(じゅろうじん)、

恵比寿天(えびすてん)の

七柱の神様のことですね。

無料の七福神占いはこちら

日本橋は七福神と関わりの深い神社をすべて巡ることができます。

 

 

以下に順番にご紹介してまいります。

日本橋の七福神めぐりはとても有名でお休みの日などはたいへん賑わうこともございます。

もし日本橋で占いやカウンセリングをお探しならスピリチュアリー東京まで途中お立ち寄りくださいませ。

場所は東京駅や京橋駅日本橋駅から徒歩で来られます。


◎小網神社(福禄寿、弁財天)◎

有楽町の占い

 西暦1466年に疫病が蔓延したことがありました。その時に、漁業に携わっていた翁が、海の上で網に引っかかった稲穂を持ってきました。

とある僧侶の託宣により、

その翁を稲荷大神として祀れば悪疫は鎮まるという考えからはじまった神社です。

その由来から強運厄除けの神様として崇められています。

七福神めぐり1・場所・アクセス

東京都中央区日本橋小網町16-23

TEL:03-3668-1080


◎茶ノ木神社(布袋尊)◎

有楽町の占い

 伏見が由来となる稲荷様

稲荷といっても狐ではありませんので、

お間違えのなきように。

もともとは徳川時代の大老、

堀田家のお屋敷の中にありました。

長年にわたってお屋敷には火災が起こらなかったことから、

火伏せの神様として崇められました。

その当時からお茶ノ木様と呼ばれて人気があったそうです。

七福神めぐり2・場所・アクセス

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1丁目12−11


◎水天宮(弁財天)◎

有楽町の占い

 天御中主大神をお祭りしております。

この宇宙の中心、すべてのはじまりを司る神様です。

関東大震災をはじめとした様々な災難にも影響されることなく、今に至っております。

社紋としては有馬神社の三つ巴をいただいている。

本殿には免震構造など最新技術が用いられておりますが、

その佇まいは伝統的な白木を基調としたものとなっており、

神社としてのバランスが整ったものとなっております。

七福神めぐり3・場所・アクセス

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目4−1


◎松島神社(大國神)◎

有楽町の占い

鎌倉時代に建てられたとされる。

御祭神が14柱と非常に多いのが特徴です。大国主神、

つまり大黒様はそのうちの1柱です。

柴田家の邸宅内にあった社。

大正に入ってから周辺の再開発が進んで行くなかで、

日本各地から匠が集まってきましたが、

その中心に位置した松島稲荷に、

各地の神様の合祀が頼まれたことで現在にいたる。

七福神めぐり4・場所・アクセス

中央区日本橋人形町2-15-2松島ビル


◎末廣神社(毘沙門天)◎

有楽町の占い

 江戸時代に吉原がちょうどこのあたりにありました。

その頃の土地の神様、産土神(うぶすながみ)と伝わっております。

その後、大火によって吉原が移転、高砂町・住吉町・新泉町・難波町の、

氏神様として崇められてきました。

名前の由来は1675年ごろ、

社を修繕している時に末廣扇が発見されたことを、

ご縁として今の末廣神社と名付けられる。

七福神めぐり5・場所・アクセス

中央区日本橋人形町2-25-20


◎笠間稲荷神社(寿老人)◎

有楽町の占い

 日本三大稲荷に数えられる笠間稲荷の分社です。

もともとの由来としては、

笠間藩主の牧野邸宅内の社でした。

廃藩後に牧野邸が移転したことで公の社となりました。

関東大震災や東京大空襲などで何度か焼失している。

現在の社は1953年に再建されたもの。

末廣神社からとても近い場所にあります。

七福神めぐり6・場所・アクセス

  東京都中央区日本橋浜町2-11-6


◎椙森神社(恵比寿神)◎

有楽町の占い

 平安時代に建てられた神社。

俵藤太秀郷によって、

平将門追討の折に、その報償としていただいた狐像(白銀)が奉納されたという。

1600年ごろに恵比寿大神が合祀される。

 昭和の東京大空襲の折には、

神社の氏子たちが空襲を免れたと伝えられている。

七福神めぐり7・場所・アクセス

東京都中央区日本橋堀留町1-10-2


◎寶田恵比寿神社(恵比寿神)◎

有楽町の占い

 徳川家康が江戸に入る前は、

宝田村の氏神様でした。

江戸城が拡張されることにあわせて、

今の場所に移ることになりました。

その後、商売や運輸などで当地がとても賑わったと伝えられています。

御神体は運慶作、左甚五郎作など諸説伝えられています。

七福神めぐり8・場所・アクセス

中央区日本橋本町3-10-11

Home » 七福神占い|スピリチュアル開運招福診断