東京日本橋近く占いスピリチュアルサロン・スピリチュアリー東京

彼の気持ちを離さない恋愛引き寄せ10の鉄則

カテゴリー:

2017.01.09

water liliy

彼の気持ちを離さない10の恋愛引き寄せ鉄則

付き合いたてのころはラブラブだったのに、いつの間にか彼から連絡がまばらになったり、そっけない態度になったりすることってありますよね。付き合ってなれてくると男性は安心して淡白な態度になってくるとよく言われますが、わかっていても「構ってほしい」「もっと連絡してほしい」と思うのが乙女心。それに、あまりにもそっけないと「わたしのこと本当に好きなの?」「もう冷めちゃったのかな?」などと、心配になってしまうこともしばしば。経験の多そうな友だちに相談すると、男性に逃げられないためのテクニックを教えてくれることも多いかと思います。でも、表面的なところばかり気にした小手先のテクニックでは、いずれ相手に気づかれて、残念な結果になってしまうことも。 それに、そんなことでつなぎとめても、自分自身が疲れてしまいますよね。そこで、今回は男性の心をつかんで離さないためのとっておきの鉄則をお教えします。

【彼への恋愛引き寄せテク1:最初が肝心! 安売りは禁物】

「付き合ってから関係を持つまでの期間が短いカップルほど、早く別れる」と聞いたことがありませんか?じつはこれ、あながち間違いでもないのです。とくにあまり男性から誘われたことがなかったり、付き合った経験が少なかったりする女性は、アプローチされると情にほだされて付き合ってしまうことも。でも、そこは冷静になりましょう。本当に自分のことを好きかどうかきちんと見極めてからでないと、あとから悲しい思いをしてしまうことも。「でもどうやったらいい人かそうでないかわかるの?」というときは、車に乗ったときの態度を見るとわかりやすいです。もたもたしているほかの車に舌打ちしたり運転が乱暴だったりする人は、人に対しても陰で不満を持ったりぞんざいな扱いをしたりしがち。観察期間を設けて、まずは安売りをしないようにしましょう。

【彼への恋愛引き寄せテク2:連絡をしすぎない】

よく、「連絡をこっちからしないで、向こうに気を持たせる」というテクニックが説かれているのを見かけませんか?ある意味正しいのですが、これはあくまでも小手先の技術。じつをいうと、連絡をしすぎない大切さは、もっと深い理由があるのです。とくに、彼女が学生、彼氏が社会人だと見受けられますが、大人同士の恋愛でも、女性は恋愛第一になってしまうタイプが男性と比べて多いのです。逆に、男性の場合、仕事は仕事、恋愛は恋愛と区切っている場合が多いですよね。それに、相手には仕事や日ごろの生活のためにやらなくてはならないことがたくさんあります。メールや電話で話したいと思う気持ちはわかるのですが、相手の時間を尊重してあげる、大人の行動がとれるかどうかがカギです。どうしても我慢できない人におすすめなのが、夢中になれる趣味や習い事を持つこと。なにかに没頭しているあなたに魅力は、すぐに彼にも伝わるはずです。

【彼への恋愛引き寄せテク3:尽くしすぎない】

「尽くしすぎはよくない」とも、よく言われますよね。 これは、尽くすより尽くされたほうがいいとか、追いかけるより追いかけられたほうがいいということばかりではありません。じつは、さきほどの連絡をしすぎないと同じように、尽くすということも相手への配慮に欠ける場合があるのです。意外に思うかもしれませんが、尽くすという行為は一見親切に見えて、母性本能が強い女性はとくにしがちなこと。でも、男性は子どもではありません。部屋の掃除や洗濯など、自分でやろうと思っているのに、女性にやられてしまっては、調子がくるってしまうのです。逆に自分が相手だったらと考えてみると、買ってに掃除や洗濯をされたら、恥ずかしいし嫌ですよね。病気で寝ているからとか、同棲しているなどの場合は別ですが、家族でもないのに一方的に家事をやってあげるのはよくありません。もしそれで甘えているなら、人に依存するタイプかもしれないので要注意です。

【彼への恋愛引き寄せテク4:言葉は柔らかく】

仲良くなるとついつい言葉づかいが乱雑になってしまうことはありませんか? とくに女子トークでは、男性顔負けのスラングを使うのも当たり前で、女性の間ではよくあることですよね。でも、男性は女性が思っている以上に言葉に敏感な生き物。自分たちは「おまえ○○だろ?」「○○じゃねえよ」「まじかよ」と言っているのに、女性が同じ言葉を使うとびっくりしてしまうのです。でも、大切なのはそこだけではありません。普段から言葉づかいがきれいな女性には、その人自身も言葉づかいがいい男性が近づいてきます。逆に、言葉づかいが悪いと、「この子は育ちがよくなさそうだから遊べるかも」と悪い男性から目をつけられる場合も。「周りにろくな男性がいない」「わたしは男運が悪い」と言っている女性に限って、言葉づかいが悪いか、驚くほどのスラングを使う場合がほとんどです。悪い言葉は例え女性同士のウケを狙っている場合でもご法度。言葉づかいをよくすると幸せなことが引き寄せられるスピリチュアルの法則、いわゆる「ことだま」は、日本人にとってはとくに重要です。すてきな恋をするためだけでなく、幸せになるために、言葉づかいは必須条件と心得ましょう。

【彼への恋愛引き寄せテク5:ほかの人と差別しない】

よく、彼氏や好きな人の前ではとてもかわいらしい態度なのに、友だちや他人の前では横柄な態度をとる人をたまに見かけますよね。女性だけでなく、男性にもいます。じつはこれ、マナー的にもスピリチュアル的にもやってはいけないこと。男性から幻滅されるだけでなく、そもそも人間として、ほかの人から信用されなくなってしまいます。それに、スピリチュアルではカルマの法則で、人に与えたことは必ず自分に返ってきます。人をぞんざいに扱うと、必ず自分も人から大事にされなくなってしまうのです。逆を言えば、こんな態度をとる男性は絶対に付き合うのは避けたいところ。 とくにレストランなどの店員さんや、掃除スタッフの人などに偉そうにしたり、文句をたらたら言ったりするような人、目下の人に大柄な人は、いずれあなたにも同じ態度をとるようになる恐れがあります。最終的に結婚を視野に入れて考えているなら、自分のことだけでなく自分の家族も大切にしてくれるか、というところを、男性は意外と見ています。誰にでも親切にしている女性は、将来を考えたときにとても安心な存在。彼が、「安心できる人とずっと一緒に過ごしたい」とあなたに対して思うのも、遠い未来のことではないかもしれません。

【彼への恋愛引き寄せテク6:「相手に合わせる」のはNG! 賢い人は「折り合いをつける」】

「結婚するなら相手と折り合いをつけないとね」「長続きするコツは相手を受け入れることだよ」と言いますが、ここで注意しなくてはならないのは、「折り合いをつける」「受け入れる」と「相手に合わせる」はまったく逆の効果だということです。「折り合いをつける」とは、「わたしはおおざっぱで彼は几帳面だけど、まあいいか」ということ。では「相手に合わせる」とはどういうことでしょうか。同じ例の場合、「わたしはおおざっぱだけど彼は几帳面だから、わたしも几帳面にしなきゃ」というもの。ほかにも、「わたしはパンツ派だけど、彼はスカートが好きだからスカートをはかなきゃ」「わたしはショートカットが好きだけど、彼はロングが好きだから髪を伸ばさなきゃ」など、自分を押し殺して相手に合わせるのはNGです。自分らしさをなくして相手に合わせてばかりいては、まともな彼なら「この人は自分自身がしっかりしていないのかな?」と不安になってしまいます。また、悪くすると、「俺が言えばなんでも聞く女だ」と思われかねません。お互いの個性を尊重し合えるお相手とは、自然と長続きできますよ。

【彼への恋愛引き寄せテク7:ダメなものはきちんとダメという】

好きな男性や彼氏には、嫌われたくないがためにダメなものをダメ、と言えないこともありますよね。でも、よく考えてみると、「嫌われたくない」という気持ちはとても自分本位。本当に相手のことを愛していたり、相手のことを真剣に考えていたりするのなら、ダメなものにははっきりダメと言ってあげなくてはなりません。ダメな部分を見せるということは、あなたに気を許している証拠。それに、「ダメ」というほうも、相手を信頼しているからこそ、相手のことを思うからこそ言えるのです。また、気が優しい女性にありがちですが、遠慮してなかなか本音を言えないという人もいます。でも、本音を言えなかったり、ダメなものをはっきりダメと言えなかったりするのは、対等な関係ではありません。もっと心を開いて正直に接することで、相手との間に信頼関係を築くことができるのです。

【彼への恋愛引き寄せテク8:男性をけなしてはいけない】

「男性はプライドが高いので、誉められたり認められたりすると喜ぶ」と聞いたことはないでしょうか。ある意味これは正解。女性が思っている以上に男性はプライドが高い生き物なので、なにかやったことに対して、「なにこれ」「ばかじゃないの」などという言葉にとても敏感。一方で、女性はわりと男性にさらっとこういう言葉を投げかけることも多いですよね。でも、男性は無駄にプライドが高いのではないのです。もともと男性はチームで狩りをする社会的な生き物。社会性を大切にするがゆえに、他人からの評価や自分の立場を守ろうとする本能が強いのです。女性は親しくなるとついつい相手にきついことを言ってしまいがち。これは女性の側からすると無意識の中でやっている甘えなのですが、男性からしてみれば自分を否定されているように感じる場合も多いのだとか。なんとなく、「男は強いからちょっと言ってもだいじょうぶだろう」と思っているかもしれませんが、想像以上に繊細な生き物なのです。いつまでもガラスのハートを持ち続ける少年のような存在だと知って大切にしていれば、彼も同じようにあなたを大切にしてくれるはずです。

【彼への恋愛引き寄せテク9:自分の弱いところも相手に見せる】

しっかりした女性や、自立心の強い女性に多いのですが、自分の弱みを男性にさらけ出せない人がいます。男性は本能的に好きな女性に対して、「守ってあげたい」「助けてあげたい」という思いが強いのです。「え、でも重い女って嫌われるんでしょ?」「気丈にふるまっていたほうがよいのでは?」と思うかもしれないのですが、そこが微妙に違うところなのです。「守ってあげたい」「助けてあげたい」というのは男性側の好意です。「好意を受け取ること」=「相手を受け入れること」。逆を言えば、正直に自分の弱みを見せられないのは、相手を受け入れていないことと同じと考えてみてください。「だいじょうぶ?」と聞かれたら、「うん、へいき」なんて言わず、「じつはちょっと疲れちゃった。心配してくれてありがとう」などと、感謝の気持ちを添えつつ、ちょっとだけ弱音を吐いてみるといいかもしれません。もちろん、愚痴が多すぎたり、ほかの人の批判したりするのは逆効果なので、気を付けましょう。

【彼への恋愛引き寄せテク10:別れを切り出されたら追わない】

男性から別れを切り出されたときに、女性は直後には立ち直れない場合がほとんどです。「わたしのなにがいけなかったんだろう」「復縁したい」「なんとか別れずにすむようにしたい」と、当たる占いやおまじないに頼りたくなってしまうことも多いですよね。でも、スピリチュアルでは別れは決してマイナスなことではありません。別れによっていままでの停滞していたエネルギーが浄化され、新しい出会いを引き寄せるパワーを身に着けるチャンスなのです。それは次の恋かもしれないし、天職かもしれません。後ろ向きのままでは、新しい運気も入ってこられませんが、すぐに気分を変えられないときにおすすめなのが、ずばり身体を動かすこと。失恋直後は悲しくて眠れない夜を過ごす人が多いかと思うのですが、スポーツなど、身体を動かすことでそれらを改善することができます。 理由は、まず、身体を動かすと脳が興奮状態になり物事に意欲的になります。また、身体が疲れると夜はぐっすり眠れます。それに、スピリチュアル的にも、スポーツをしたり動き回ったりしている人のほうが、エネルギーの流れが活発で、よい運気がめぐってくることが多いのです。

【まとめ:自分に正直に、相手に誠実に、他人に親切に】

お気づきかもしれませんが、彼の気持ちを離さないためのコツは大きくまとめると3つ。自分の気持ちに正直に、相手に対して誠実に、そしてほかの人たちにも親切にということです。つまり、自他ともに「人」を大切にしている人は、自然と幸せを引き付ける力があるのです。これは、スピリチュアルでいう波動の法則。彼の気持ちを離さないだけでなく、幸せ全般を引き寄せてくれる鉄則です。これに笑顔が加われば、幸せな未来の訪れは間違いありません。


※占い雑学の記事内容に関しては「定説・異説」を問わずご紹介しておりまして当サロンの見解と異なるものもございます。


セッション・カウンセリングのご予約


RSS follow us in feedly

の最新記事

ご予約のお客様へ

平日の18時までにご予約のお客様
平日18時まではビルの4階までお上がりください。オフィス総合受付に「9階のこうせい先生と約束で来ました」とお伝え下さい。
日曜日または木曜日の18時以降にご予約のお客様 OR 建物の入り口がわからないお客様
9階のお部屋で、前のお客様がセッション中の場合がございます。平日18時までは総合受付のある4階へ。平日18時以降と土曜日は直接9階インターフォンで呼び出してください。。

駅からの道順はこちら