2023年・令和5年| 満月ボイドタイム・新月ボイドタイム

2023年・新月と満月カレンダー

 

2022年はこちらからどうぞ。

【2022年の新月・満月ボイドタイム】

2024年はこちらからどうぞ。

【2024年の新月・満月ボイドタイム】

そのほかの年の新月・満月・ボイドタイムは以下より

【そのほかの新月・満月ボイドタイム】

 

 

 2023年・令和5年|満月ボイドタイム・新月ボイドタイムカレンダー(暦表)

 

年月日時刻ボイドタイム開始ボイドタイム終了
満月2023年1月7日8:088日7:248日11:41
新月2023年1月22日5:5422日0:5322日3:31
満月2023年2月6日3:306日23:177日6:15
新月2023年2月20日16:0720日11:0120日13:58
満月2023年3月7日21:418日23:088日23:45
新月2023年3月22日2:2322日0:5922日1:02
満月2023年4月6日13:366日21:447日15:30
新月2023年4月20日13:1320日13:1420日13:31
満月2023年5月6日2:356日23:397日5:05
新月2023年5月20日0:5420日2:5220日3:49
満月2023年6月4日12:435日12:255日16:32
新月2023年6月18日13:3818日15:2518日19:59
満月2023年7月3日20:392日22:343日2:21
新月2023年7月18日3:3318日12:0718日13:41
満月2023年8月2日3:333日6:173日12:07
新月2023年8月16日18:3916日18:3917日8:15
満月2023年8月31日10:3730日12:0530日22:58
新月2023年9月15日10:4015日22:5016日2:46
満月2023年9月29日18:5929日15:5929日9:18
新月2023年10月15日2:5615日16:0215日20:06
満月2023年10月29日5:2530日20:3731日0:19
新月2023年11月13日18:2914日8:0414日11:24
満月2023年11月27日18:1727日6:5327日9:41
新月2023年12月13日8:3213日15:5014日0:33
満月2023年12月27日9:2426日16:5727日0:17

 

最新の新月と満月・ボイドタイムカレンダーはこちら

 

新月について

新月は、私たちの宇宙と時間における重要な要素の1つであり、人間の歴史や文化において特別な意味を持つ天文現象の一つです。新月は毎月、太陽と月が天球上で同じ方向に位置するときに起こります。この瞬間、月の表面のほとんどが太陽の光で照らされないため、月は暗く見え、天空には新月の美しい弧が現れます。新月の出現は夜空における特別な瞬間であり、さまざまな文化や宗教において祝福され、象徴として使われています。

新月は、月の周期と太陽との相互作用から生じます。月は地球を公転しながら、同時に地球から見ると太陽の周りを回転しています。この運動により、私たちは月の表面が変化し、新月から満月へと周期的に変わります。新月の周期は約29.5日であり、これを月の「サイクル」と呼びます。新月は月の最初の段階であり、その後、次第に満月へと進行していきます。

新月はさまざまな文化や宗教において異なる意味合いで祝福され、象徴とされています。以下に、新月の文化的な意義や歴史的な背景について探求してみましょう。

1. 新月の文化的な意義

新月はさまざまな文化において祝福され、特別な意味を持っています。以下は、いくつかの文化における新月の重要性の例です。

ユダヤ教: ユダヤ教のカレンダーでは、新月(ヘブライ語で「ローシュ・ホデシュ」)は重要な日です。新月は毎月の始まりを示し、特別な祈りや儀式が行われます。これはユダヤ教の祝日や祭りの日程を決定するための基準ともなります。

イスラム教: イスラム教のカレンダーは月のサイクルに基づいており、新月(「ヒラール」)は月の最初の日を示します。新月は特にラマダン(断食月)の始まりを決定するために重要であり、イスラム教徒にとって特別な時期とされています。

中国: 中国の伝統的な農暦では、新月(「朔日」)は月の最初の日を示し、月のサイクルに基づいて祭りや行事の日程が決定されます。また、新月は中国の文化において幸運や新しい始まりを象徴する重要な要素でもあります。

2. 新月の宗教的な意味

宗教的な文脈においても、新月は特別な意味を持ちます。新月は多くの宗教で神聖視され、信仰と精神性に関連付けられています。

キリスト教: 新約聖書において、新月は特別な日として言及されます。キリスト教の一部では、新月は教会の祝日や礼拝の日として重要視されます。また、新月はキリストの再臨や神の恵みのシンボルとされることもあります。

ヒンドゥー教: ヒンドゥー教では新月(「アマヴァシャ」)は神聖視され、特別な祈りや儀式が行われます。新月の日には神々への敬意を表し、罪を清めるためのバスも行われます。

3. 新月の歴史的な背景

新月は歴史的な文献や古代の文化においても重要な役割を果たしてきました。古代の観測者は月のサイクルを注意深く観察し、新月から満月までの過程を記録しました。この観察は農業や航海、暦の作成などに役立ちました。

また、新月は神話や伝説においても頻繁に登場します。多くの文化において、新月は神話的な物語や女神のシンボルと結びつけられ、夜空の美しさや神秘性を称賛する要素とされています。

4. 新月の科学的な側面

新月には科学的な側面もあります。天文学者は新月の出現を計算し、月のサイクルを研究しています。新月の出現は月の位相や地球との相対位置に関する重要な情報を提供し、宇宙の動きと天体の観測に役立っています。また、新月は月の観測に適した時期であり、天文学者が月の地形やクレーターを詳細に研究するのに適しています。

 

満月について

満月は、私たちの夜空における美しい自然現象の一つであり、人類の歴史と文化において特別な意味を持つ天文事象です。月の満ち欠けは、地球と月の相対的な位置に基づいて発生し、夜空に月の明るい円盤をもたらします。この満ちる過程は、月の周期的な変化であり、毎月の出来事として私たちの生活に深く組み込まれています。以下では、満月の文化的な意味、科学的な側面、歴史的な背景について詳しく探求してみましょう。

1. 満月の文化的な意味

ユダヤ教: ユダヤ教のカレンダーでは、満月は特別な日として扱われ、多くの祭りや宗教的な儀式の日程を決定するのに役立ちます。特に「シャバト」(安息日)の日程に影響を与えます。ユダヤ教では月のサイクルが重要視され、月の変化は信仰生活において重要な役割を果たします。

仏教: 仏教の宗派によっては、満月の日は特別な意義を持ちます。特に「ウォサク」(ウェーサク)と呼ばれる祝祭は、仏陀の誕生、悟り、涅槃を祝う日で、満月の日に行われます。仏教徒はこの日を禅定や慈善活動に捧げ、精神的な成長を追求します。

古代の文化: 古代の文化においても、満月は特別な意味を持つことがよくありました。多くの神話や伝説において、満月は神秘的な力を象徴し、神話的な物語や詩に登場します。また、農業社会では満月が収穫のタイミングを示す指標とされ、農業において非常に重要でした。

2. 満月の科学的な側面

満月は天文学的な観点からも非常に興味深い現象であり、科学者によって詳細に研究されています。

月の位相: 満月は、月が地球から見て太陽と反対側に位置するときに発生します。このとき、月の表面のほとんどが太陽の光で照らされ、月は夜空で最も明るく見えます。満月は月の位相の一つであり、月の周期的な変化の一部です。

地球の影響: 満月の際、地球の影響が月に及び、月は地球の影に入りません。このため、夜空には月の明るい円盤が現れます。また、この時には満潮が高まることがあり、海の潮汐にも影響を与えます。

月の観察: 満月は月の表面の観察に適しています。月のクレーターや山脈は、満月の明るい光でくっきりと観察することができます。多くの天文学者や天体観察家は、満月の夜に天体観測を楽しんでいます。

3. 満月の歴史的な背景

満月は歴史的な文献や古代の文化においても頻繁に言及され、観察されました。古代の観測者は月のサイクルを注意深く記録し、農業や暦の作成に役立てました。

農業: 古代の農業社会では、満月は収穫のタイミングを決定するのに役立ちました。満月の夜には月の明るい光が農作物を照らし、夜間の収穫が可能でした。また、農業祭りや祝祭も満月の日に行われ、豊穣と収穫への感謝が表現されました。

カレンダー: 古代の文化では、月のサイクルを基にしたカレンダーが広く使用されました。月の満ち欠けは月のサイクルを示し、時間の区切りや季節の変化を追跡するのに役立ちました。また、宗教的な儀式や祭りの日程も月のサイクルに基づいて決定されました。

神話と伝説: 多くの文化において、満月は神話や伝説に登場し、神秘的な力を持つ存在として描かれました。満月の光は詩人や作家によって賞賛され、美しさと神秘性が讃えられました。

4. 満月のロマンスと詩

満月はロマンスの象徴としても知られており、多くの詩人や作家によって詩や歌に歌われました。満月の明るい光は夜の情熱を刺激し、恋人たちの出会いの場となることがありました。また、満月の美しさは芸術作品や文学作品にも多く描かれ、ロマンティックな要素を強調しました。

5. 満月の民間信仰

一部の文化では、満月には民間信仰や伝説が存在します。例えば、満月の夜には特別な願い事をすると叶うと信じられていることがあります。また、満月には各地でさまざまな名前や呼び方が存在し、これらの名前には地域独自の伝承や意味が含まれています。

6. 満月の神秘性

満月は夜空で最も明るく美しい天体の一つであり、その光は古代から神秘的な力と結びつけられてきました。人々は満月の夜に星座や宇宙の謎に思いを馳せ、宇宙への探求心を刺激されました。また、満月の光は夜間の探索や冒険にも役立ち、歴史的には航海や冒険の際に重要な役割を果たしました。


セッション・カウンセリングのご予約



未分類の最新記事