東京日本橋近く占いスピリチュアルサロン・スピリチュアリー東京

音楽で波動を上げる・その1

カテゴリー:

2016.11.20

water liliy

音楽の波動

昔から、神道やキリスト教、仏教などでも、音楽は神聖な儀式として行われてきました。 音楽にも様々なジャンルがあり、波動を上げる音楽と、下げる音楽があります。 普段に聞くのはもちろん自分の好みのものでよいのですが、空間を流れている音楽には気の流れを作る作用がありますので、運気を上げるには波動の高い音楽をかけるとよいと言われています。 今回から2回に分けて、波動を高めてくれる音楽をご紹介しようと思います。 まず、宗教的なものを含め、古くから聞かれている音楽からご紹介していきましょう。

【讃美歌】

キリスト教の音楽は、神さまのために作られたもので、とても高い波動を持っています。 特に、古くから歌われている『讃美歌』はおすすめ。 これからクリスマスシーズンにかけてぜひ聞いてほしいです。 古式ゆかしい『グレゴリオ聖歌』などもすがすがしいエネルギーを与えてくれます。 讃美歌を一つ覚えておくと、なんだか嫌な空気の時に歌うと、場が浄化されます。

【雅楽】

『雅楽』とは、今でも神社の祈祷に使われる、日本古来の音楽です。 もともとは古代中国がルーツで、やはり祭祀や高貴な人たちのための音楽でした。 雅楽の楽器にはそれぞれ象徴する音があり、『天空』や『竜』などを表すと言われています。 また、国を守る効果があるそうです。 最近では雅楽に使う楽器を使ったヒーリングミュージックなども出ていますので、聞いてみるといいかもしれませんね。

【仏教音楽】

仏教と言えば音楽というよりお経のようなイメージがあって、あまり聞きたくないかもしれませんが、それは日本の話しです。 実は、タイやスリランカなどの原始仏教の国では、お経がとても美しく、まるで音楽のようなものまであります。 「スリランカ お経」「サンスクリット語 お経」などで検索してみると、エキゾチックですてきな音源に出会えます。

【イスラム音楽】

イスラムというと、政情不安定やテロなどを連想するかたも多いかもしれませんが、大本のムハンマドの教えは平和を説いたものでした。 現在でも学識高い宗教指導者やほとんどの信者は平和的な思想の持ち主で、過激な思想を持っているのはごく一部でしかありません。 イスラムの聖典『コーラン』にふしをつけて読み上げたものも波動が高く、ヒーリング・ミュージックとしても美しいので、よかったら聞いてみてください。

いかがですか? 最近なんとなくパッとしなかったり、イライラしてしまうようなことがあるなら、もしかしたらエネルギーの流れが悪くなっているのかもしれません。 神さまたちに捧げられた音楽を流して、空間を浄化してみてください。 次回はクラシック音楽を中心に、波動が高いと言われているものをご紹介します。


※占い雑学の記事内容に関しては「定説・異説」を問わずご紹介しておりまして当サロンの見解と異なるものもございます。


セッション・カウンセリングのご予約


RSS follow us in feedly

の最新記事

ご予約のお客様へ

平日の18時までにご予約のお客様
平日18時まではビルの4階までお上がりください。オフィス総合受付に「9階のこうせい先生と約束で来ました」とお伝え下さい。
日曜日または木曜日の18時以降にご予約のお客様 OR 建物の入り口がわからないお客様
9階のお部屋で、前のお客様がセッション中の場合がございます。平日18時までは総合受付のある4階へ。平日18時以降と土曜日は直接9階インターフォンで呼び出してください。。

駅からの道順はこちら