東京日本橋近く占いスピリチュアルサロン・スピリチュアリー東京

鬱が治る!?スピリチュアル視点から元気になる2つの方法

カテゴリー:

2016.11.13

water liliy

鬱っぽくなる人は心が優しい

本当に鬱になってしまったら、専門医にかからなければなりませんが、スピリチュアルな観点から見て、改善を促す方法があるのです。 科学的にもあながち間違っていないという方法です。 基本的には『神さまを騙す』というスタンスです。 騙すというと失礼な感じですが、悪いことは決してしませんのでご安心を。 今回は2つご紹介していきます。

【こてこてのものを食べる】

元気いっぱいの人は、どんなものを食べているイメージでしょうか。 焼き肉や分厚ステーキをもりもり食べているのに、「もうなにもできない」「私/俺なんてだめだ」なんて言っている人は、あまりいないように思いませんか? 焼き肉やステーキなどのこてこてのものを食べると、神さまが「あ、この人は元気なんだな」と勘違いをして、元気になるようなことが起こるといわれています。 実は医学的にも、鬱っぽくなるときはアミノ酸などが不足するので、たんぱく質の摂取をすすめるのだそう。 元気がなくなったらまず焼き肉で自分を励ましてあげましょう。

【明るい色の服を着る】

スピリチュアルな観点から言うと、鬱っぽくなると、オーラの色がくすんだり、黒やグレーになってしまうともいわれています。 心が優しく控えめな人は、身に着ける色も地味な色な場合が多いですよね。 逆に元気な人や自己主張の激しい人は、強いぱっちりとした色を着るイメージがありませんか? 鮮やかな赤やオレンジは、元気を与えてくれる色です。 アウターとして着られなければ、Tシャツや下着の色を赤やオレンジにすると、神さまが「この人は元気なんだな」と勘違いをして、元気が出る出来事を引き寄せられるのです。

ただ、注意してほしいのは、本当に鬱がひどい場合、赤やオレンジの色を身に着けるのがストレスに感じてしまうことがあるようです。 そういうときはピンクを身に着けてみてください。 ピンクは自分を愛してあげる色だからです。 くすんでいない、鮮やかなピンクを選びましょう。

もしもスピリチュアルや大事な悩み相談なら当たる占い信頼されるスピリチュアリー東京へ一度ご相談くださいませ。 本当に鬱病になってしまったら、病院に行かなければなりません。 しかし、日ごろのちょっとしたことや、ストレスで、元気がなくなって、うまくリフレッシュできない場合もありますよね。 そんなときは、神さまから見て、『元気な人』を演じてみましょう。 神さまが、「この人は元気だから、もっと元気になるできごとを起こさなくちゃ」とおもって、運命が好転するかもしれませんよ。


※占い雑学の記事内容に関しては「定説・異説」を問わずご紹介しておりまして当サロンの見解と異なるものもございます。


セッション・カウンセリングのご予約


RSS follow us in feedly

の最新記事

ご予約のお客様へ

平日の18時までにご予約のお客様
平日18時まではビルの4階までお上がりください。オフィス総合受付に「9階のこうせい先生と約束で来ました」とお伝え下さい。
日曜日または木曜日の18時以降にご予約のお客様 OR 建物の入り口がわからないお客様
9階のお部屋で、前のお客様がセッション中の場合がございます。平日18時までは総合受付のある4階へ。平日18時以降と土曜日は直接9階インターフォンで呼び出してください。。

駅からの道順はこちら