満月 ボイドタイム

もしもボイドタイムに祈ってしまった場合、それは祈りが必ずしも叶わないという意味ではありませんが、何らかの影響があるかもしれません。以下のようなやり方も一つの方法です。

 

 

ボイドタイムとは、月が現在の星座の最後の度数を通過して次の星座に入るまでの期間を指します。占星術では、この時期は新しい取り組みを始めるのには適していないとされ計画や意図がうまくいかない可能性があると言われています。最終的には自分自身の心の持ち方次第ですべてが変わってしまいます。一喜一憂せずにいることが求められます。

ボイドタイムに祈ったときの対策

1. 再度の祈り

ボイドタイムが終わった後、祈りを再度行うことで、その影響を緩和することができます。


2. 祈りの内容の再確認

祈りの内容や意図がはっきりとしていて、現実的であるかを再確認します。不確かまたは不明確な祈りは、ボイドタイムの影響を受けやすいと考えられます。


3. 焦らない

ボイドタイムに祈ったことで、すぐに結果が見えない場合でも、焦りや不安にかられることなく、ポジティブかつ前向きな心持ちを保つよう努めます。


4. 感謝の気持ちを忘れずに

ボイドタイムに関わらず、祈りを捧げたこと自体に感謝し、可能性を信じて待つことが重要です。


5. アクションの計画

ボイドタイムが終わった後、祈りの意図を実現するために、具体的かつ実行可能なアクションプランを立てます。


6. 自己認識

ボイドタイムに祈りを行うことで、自己の願望や意図、信念についてより深く理解し、自己成長の一助とします。


7. 正しいタイミングの理解

ボイドタイムは一時的であり、その後正しいタイミングで改めて祈りやアクションを行うことで、望む結果が得られる可能性があります。


 


セッション・カウンセリングのご予約



新月・満月・ボイドタイムの最新記事