新月の願い事が失敗

 

新月の願い事が叶わなかったとき、失望やフラストレーションを感じるかもしれません。しかし、これは新しい学びや気づき、さらなる成長の機会でもあります。何事も主体性を持ち続けることが大切です。周りに起きた結果の一つ一つに振り回されるよりも以下のように前向きな選択をすることで運勢を大きく変えることに繋がります。

 

 

新月の願い事が叶わなかったとき

  1. 感情を受け入れる:まず、自分の感情を認識し、そのまま受け入れることが大切です。否定せず、その感情を感じる時間を持つことで、次のステップに進むための準備が整うことでしょう。


  2. リフレクション:願い事が叶わなかった理由を冷静に考えること。具体的なアクションが不足していたのか、願いの内容が現実的でなかったのか、他に外部的な要因があったのかを検討します。


  3. アプローチの再評価:もし、願いの実現に向けたアプローチに問題があったと感じたら、それを改善するための新しい方法を模索します。


  4. 期待値を再設定:時には、期待値が高すぎるか、現実的でない可能性も考えられます。再評価し、より現実的なゴールを設定することを検討します。


  5. 感謝の瞬間を見つける:すべての結果には何らかの意味や価値があります。願いが叶わなかったことで得られた気づきや学びに感謝すること。


  6. サポートを求める:友人や家族、専門家などからフィードバックやアドバイスを受けることで、新しい視点や方法を見つける手助けとなることがあります。


  7. 瞑想やリラクゼーション:精神的な平和を保ち、自分自身とのコネクションを深めるための時間を持つこと。


  8. アクションを継続:願い事が一度叶わなかったからと言って諦めるのではなく、再び行動を起こす勇気を持ちます。


  9. 新しい願いを設定:過去の願いに固執せず、新しい目標や夢を設定し直すことで、新しいエネルギーを取り戻します。


  10. 自分を労わる:失望や挫折を感じたときこそ、自分自身に優しく、自分を労わる時間を持つことが大切です。


願いが叶わなかったとしても、それが終わりではないということです。

 


セッション・カウンセリングのご予約



新月・満月・ボイドタイムの最新記事