スピリチュアリー東京・スピリチュアルカウンセラー占いサロン

武甕槌神(たけみかづちのかみ)その2 〜個室・サロンの占いとスピリチュアル的観点からの現実〜|占いスピリチュアルブログ

カテゴリー: 恋愛

2016.04.12

 
~東京・日本橋から天使のスピリチュアル・カウンセリング~ 
 
 
 ◇今日の雰囲気◇
2016年4月12日(火) 甲子・きのえね

武甕槌神(たけみかづちのかみ)は、

出雲の国の国譲りの神話に登場する神様です。

建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)とも表されます。

経津主命(ふつぬしのみこと)と深い関係があります。

何かを選択して決定するお働きがあります。

恋愛において告白するかどうかなど、

決断の勇気をくれる神様でもあります。

鹿島神宮の御祭神です。

 

武甕槌神(たけみかづちのかみ)は、日本の神話や伝説に登場する神の一つです。彼は主に古事記や日本書紀などの古代の文献に登場し、日本の神話や歴史において重要な役割を果たしています。

武甕槌神は、主に以下の特徴で知られています:

  1. 創世神話の一部: 武甕槌神は、日本の創世神話において、天地の形成や神々の誕生に関与しています。彼は、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)という神々の子供とされています。伊弉諾尊と伊弉冉尊は、日本の神話において最初の神々で、武甕槌神はその子供として登場します。

  2. 国づくり: 武甕槌神は、神話において国土を整え、文化を創造し、人々の生活を支える重要な役割を果たしました。特に、彼は稲作に関連する神として知られており、日本の農業における重要な存在とされています。

  3. 豊穣の神: 武甕槌神は、稲作と収穫に関連しており、豊穣の神として崇拝されました。人々は彼に感謝し、豊かな収穫を願って祭りや儀式を行いました。

  4. 神話と歴史の結びつき: 武甕槌神は、日本の神話と歴史を結びつける役割も果たしています。彼の子孫が後の天皇家と結びつき、日本の皇室の祖先ともされています。

武甕槌神は、日本の神話や歴史において非常に重要な神の一つであり、日本の伝統や文化においてもその影響が見られます。

 
読者登録は下記より↓↓↓
読者になる
スピリチュアルカウンセラー光聲
(こうせい・光声)
鑑定スケジュール
【・月曜日・11:00~21:00・】
【・火曜日・11:00~21:00・】
【・水曜日・11:00~21:00・】


セッション・カウンセリングのご予約

   占いはじめての方・よくある質問   


恋愛の最新記事

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

カテゴリー