スピリチュアリー東京・スピリチュアルカウンセラー占いサロン

スピリチュアリー東京・スピリチュアルカウンセラー占いサロン

言霊カード®【公式】登録商標|ことたま学に基づく託宣カード・ことたまカード|天命により許された登録商標|

言霊カード®・登録商標 「スピリチュアリー東京」の光聲(こうせい)先生は、言霊カード®(コトタマカード)という独自のチャネリングカードを持っています。けれどここで疑問なのが、「言霊カード®って何?」ということではないでしょうか。

光聲自身が描いた託宣カード

光聲先生のカウンセリングで用いられる「言霊カード®(コトタマカード)」は、光聲先生自身が制作したものです。この宮中賢所に眠っていたとされる言霊学(ことたま学)に基づいた託宣カードを作る際に、光聲先生がチャネリングして、そこから受け取ったイメージをイラストとして自ら書き下ろしました。カードが完成した後には、その後4日間にわたり天候が不思議な変化(4日間周囲完全快晴)を遂げました。これは、言霊カード®が大きな力を持つ証拠といえるでしょう。また言霊カード®(コトタマカード)は特許庁より商標・意匠登録を済ませています(商標登録第5972372)。類似品にご注意ください、日本に数万年前から伝わってきた言霊の法理に従って正しく作られたものは、唯一この光聲先生の「言霊カード®」だけです。違法に作られた商標権侵害品(●●●●言霊カードなど)を購入されても占いの宣伝どころか講座やセッション・セミナーも実施することができませんのでご注意くださいませ。 言霊カード®は登録商標・ことだまカード

言霊(コトタマ)

「言霊」という言葉を、聞き慣れない方も多いことでしょう。「言霊」とは、日本語に宿るスピリチュアルな力のことを指します。例えば何か新しいことに挑戦するとき、「きっと出来る、大丈夫!」と前向きな言葉を口にしていたら、うまく事が運んだ。しかし反対に「自分なんてどうせ何をやっても無理。できない」などネガティブな発言をしていたら、本当にうまくいかなかった。・・・なんて経験をした方はわりと多いのではないでしょうか。日本では遥か昔から、「日本語」には1音ごとに霊的なパワーがあると考えられてきました。今でもその名残はあり、例えば「呪文」「呪い」や「祝詞」などがこれに当たります。また結婚式やお葬式で「忌み言葉」が存在するのは、言霊の力により、言葉が現実になるのを恐れているためです。「口にすれば現実に起きるかもしれない」。これを「言霊」と呼び、日本の言葉に宿る特別な力と考えられているのです。

古神道に伝わる本質的な言霊(コトタマ)の解釈

昔から、日本語の50音には、言葉そのものに特別な力があるとされてきました。原初的な働きを1音1音が独自に持ち合わせており、皇室の祖先やそれ以前の皇達によって一音一義が感得されておりました。良い言葉も悪い言葉も、発した言葉そのものが力を持ち、現実の事象を左右すると考えられてきたのです。先の項目のように、「良い言葉を発せば良いことが起こり、悪い言葉を発せば物事が悪く進む」と、日本人は言葉を大事にしています。例えば現代では、結婚式での「忌み言葉」が良い例でしょう。「重ね重ね」いう言葉は、二度目の結婚を意味するので不吉とされています。また「終わり」「切れる」「冷める」などの言葉も、結婚生活の終わりを意味するので他の言葉に置き換えて使われます。またお葬式でも、「繰り返し」「追って」などは、不幸の連続を意味するために忌み言葉として扱われます。もし言葉に力がないのであれば、「使ってはいけない言葉」は存在しないはずです。しかし日本語には、それぞれ特別な「言霊」が宿っているため、口に出したことが現実に起こると考えられているのです。

言霊の概念はタロットよりも遙かに歴史が古い

日本の言霊の歴史は、タロットよりも遥かに古くから存在します。タロットの起源は1396年で、普及してきたのは今からたった200年ほど前。しかしそれに対して言霊は古神道や先史文明まで遡ります。最低でも1万年以上は信仰され続けているのです。日本最古の歴史書として有名な、「古事記」。この古事記には「一言主大神(ひとことぬしのおおかみ)という、言霊を司る神様のことが描かれています。また「言霊の幸(さき)はふ国」として、言葉の霊的な働きによって幸福をもたらす国だと語り継がれてきました。また平安時代には、言霊の力を利用して、陰陽師が鬼退治を行ったことも。このように「言葉には全て『言霊』が宿っている」の考えのもと、日本人は古くから「言霊」を上手に活用してきたのです。

乱れた言霊の氾濫を正す|天命により許された商標が言霊カード®

私が商標権を取得しある程度「言霊の扱い方」ということの重要性を説くまでは、本当にいいかげんに作られた言霊にまつわるオラクルカードが多かったのです。そういう意味ではちゃんと大和言葉の宮中の賢所に伝えられてきた法理を理解した者が言霊カード®という商標を許されたことは天命と考えております。 例えばホツマツタエ(ホツマツタヱ)を土台とした言霊の考えを「託宣カード」にした方々も一部にいらっしゃいますが、実はホツマツタエの時代は既に縄文末期でかなり競争しなくてならない50音の並びを採用していましたから、それを基にしても共生が求められる21世紀の人に適切な言霊の託宣カードにはならないのです。アワ歌なども当然フィットする人とフィットしない人がいるのはその為なのです。そういった働きを理解した上で託宣カードは作成されるべきなのです。※なおあくまでも時代背景的な事情であって特段ホツマツタヱの古文献としての重要性や価値を貶めるものではございません。

まずカードだけ手に入れたい人には「言霊カード®ライト」

言霊カード®ライトは初心者でもことたまの働きを受け取りやすいように50種類の独自イラストを1枚1枚に割り当ててあります。 言霊カード®ライト公式ページ Amazonでも販売|言霊カード®ライト|https://www.amazon.co.jp/dp/B099P931LH/

「言霊カード®(コトタマカード)」についての講座も開講している

光聲先生が作成し、光聲先生自身が扱う託宣カード「言霊カード®」。日本で唯一の言霊カード®の講座を行っております。「言霊カード®(コトタマカード)」についての講座を受講すれば、言霊カード®での占いを、あなたのものにできます。もちろん、あなた専用の言霊カード®(コトタマカード)も進呈。ご自身の将来が不安になったとき、気になるあの人の気持ちを知りたいときなど、様々な場面で光聲先生の言霊カード®をご活用ください。言霊カード®講座の受講期間は、3日間。価格は税込み165,000円です。お渡しするのは、テキスト3冊と、練習用タロットカード、言霊カード®1組。偶数月の第一日曜日から開講していますので、お気軽にお問合せください。講座は毎回好評で、受講者からは「講座を受けているうちに霊感が強くなった」「直感の判断力が上がった」など、多くの喜びの声が上がっているほど。もちろん、占いが初心者の方でも安心です。丁寧にレクチャーを進めていくうえ、心理カウンセリングの方法やコーチングの技術も講座の中で学んでいくので、どなたでも一定レベルまで達することができます。講座終了後には、全員に修了証をお渡しします。ご希望者には別途認定試験も実施し、先生から認定をされれば、「スピリチュアリー・カウンセラー」を名乗ることができます。資格を持ちながらも個人の趣味として占いを継続するか、あるいは本業として開業に向けて動くかは、あなた次第です。※一部で不正に流通している「●●ことだまカード」などの商品は商標権侵害品です。中身は全くの別物ですのでご注意くださいませ。

言霊カード®(コトタマカード)で鑑定してもらうことも

「スピリチュアリー東京」では、光聲先生が言霊カード®で鑑定をしております。もちろん講座を受講すれば、あなた自身で、言霊カード®を用いた占いができるようになります。しかし本格的な占いの境地は、数日間の経験と知識だけでは少々不十分。光聲先生は、神様はもちろん、霊的なコンタクト、天使からの助言、宇宙からの宣託など、神羅万象様々な対象と交信することができます。深い悩みを、あらゆる角度から解決に向かうには、「スピリチュアリー東京」にて光聲先生の「本物」の占いで鑑定してもらうのが一番なのです。 日本古来より信仰されてきた、「言霊」。その「言霊」の力を最大限に活用し、光聲先生の大きなパワーも封じ込めたのが、「言霊カード®(コトタマカード)」です。講座を受けてご自身で占うのも良いですが、一人では抱えきれない悩みは、ぜひ光聲先生にお任せください。長年の神道修養経験から得た霊感と、独自のヒーリング経験を生かしながら、優しく的確にあなたを導いていきます。

原作者・光聲・プロフィール

太古神道と縁深い、麻賀多神社の守護神「和久産巣日神・わくむすびのかみ」の加護の元で育つ。なぜか昔からいじめられたり重い喘息を長く患うことで苦労してきました。ただ小さい頃から何か思っていることが本当に起こってしまったり、念じていた通りの番号のクジを引いてしまったりなどスピリチュアルな体験を重ねていました。学生時代にあるご縁から「喘息が治ったら神様のお手伝いをする」と誓った日を境に喘息が治ってしまうという奇跡を体験して本格的にスピリチュアルの世界に入る。 わずか1年で所属していた占いサロン史上最高の月間記録をつくり独立、2016年に自身のサロン「スピリチュアリー東京」を開く。 長年研究してきた古神道の法理に基づいて創始した「コトタマカード(言霊カード®)©®」による言霊占術や姓名占いや恋愛占い・相性占いや「折符」のお守りづくりなど定評がある。「和久産巣日神・わくむすびのかみ」は言霊の正しい扱いを司る神様です。

言霊カード®受講者の条件

  • ■国籍性別いずれも問いませんが、日本語を把握できる力が備わっていることが前提となります。
  • ■年齢18歳以上・自主的な判断ができることが前提となります。

■費用

言霊カード®講座(コトタマカード講座) 全3回:231000円税込み

11時から17時 ※全3回・マンツーマン ※途中お昼休憩がございます。

■実施スケジュール 月・火・木・金・土の中から自由にお時間をご指定いただけます。2回目以降もご自身のスケジュールに合わせてお選びいただいております。

場所・アクセス

※受付を通りたくないなどお忍び希望で直接9Fにお越しになりたい方はその旨お知らせください。
東京都中央区京橋1−3−2モリイチビル9階 KOMA内 【最寄り駅】 JR「東京駅地下」八重洲地下街24番出口・徒歩1分 JR「東京駅地上」八重洲中央口・徒歩5分 メトロ銀座線「京橋駅」7番出口・徒歩1分 メトロ銀座線「日本橋駅」B3出口・徒歩5分 メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」7番出口・徒歩3分 メトロ有楽町線「有楽町駅」D9出口・徒歩5分 メトロ銀座線「銀座駅」A13出口・徒歩7分 メトロ半蔵門線「三越前駅」B6出口・徒歩9分

 お申し込みフォームへ

タカマノハラヒーリング説明おわり


■東京の当たる占いスピリチュアルサロン関連ページ一覧

ご予約のお客様へ

平日の18時までにご予約のお客様
直接ビル9階へお越しください。インターフォンから「光せい」の内線番号でコールしてください。10分程度前からご案内できます。
日曜日または木曜日の18時以降にご予約のお客様 OR 建物の入り口がわからないお客様
【20分以上前に来て休憩したい方は】平日18時までに限り4階総合受付で「9Fのこうせい先生と待ち合わせなので時間まで待たせて欲しい」と伝え4階ロビーでお待ちいただけます。トイレも奥にございます。

駅からの道順はこちら