東京日本橋近く占いスピリチュアルサロン・スピリチュアリー東京

ハッピーを引き寄せる和柄5選

カテゴリー:

2017.04.01

water liliy

和柄の力

 日本には昔からいろいろな模様があり、最近では和柄のものもかなり浸透してきましたよね。  とくに小物くらいならあまり和風になりすぎず、持ちやすいかと思います。  実は、ひとくちに和柄と言っても比較的新しくデザインされたものもあれば、古くから魔除けや開運などのスピリチュアルな効果があるものとして使われてきた由緒正しいものまでさまざま。  どうせ使うなら運気を上げたいですよね。

【1:麻の葉】

六角形の中心から、放射線状の模様が星のような形を描く幾何学模様の和柄です。  麻は古来から魔除けとして使われており、小さい子が病気にかからないようにこの模様の着物を着せる風習がある地域もあったようです。  また、麻という植物はすくすくと成長するためもあり、子どもの着物の柄に好まれたと言われています。  成長したい、仕事や投資で成功したいという人にはとくにおすすめの柄です。

【2:矢がすり】

明治時代の女学生が着ていそうな着物の柄、というとわかりやすいでしょうか。  矢羽の形がモチーフになっている幾何学模様です。  矢絣は武士の家では、戦に勝象徴とされ、好まれたそうです。  受験や就職試験があるとき、また、ライバルの多い恋愛や仕事の渦中にいる人が持つといいと言われています。  また、矢は一度放つと戻ってこないことから、よい結婚を招くとも言われます。

【3:とんぼ】

秋に現れる虫と思いがちですが、一年中使ってよい柄です。  とんぼは別名「勝ち虫」といって、やはり武家で好まれました。  「実りの秋」というところから、財運を上げてくれる効果もあります。 また、健康運にも効果があるのだとか。

【4:うろこ】

平べったい二等辺三角形がいくつもくっついた幾何学模様を、和柄では「うろこ」と言います。  うろこと言っても「龍のうろこ」を意味していて、魔除け・厄除けの効果があると言われます。  また、へびのうろこにも通じることから、金運を上げてくれる効果もあるので、小銭入れなどにおすすめです。

【5:なでしこ】

「大和撫子」という言葉があるように、美しくしとやかな女性のオーラをまとえるのが「なでしこ」の柄です。  また、言霊でも「なでしこ」は、「撫でるようにしてかわいがる」という意味があります。  愛されるオーラをまとえる柄なので、恋愛中の人は彼氏がいる人にも片思いの人にもおすすめです。

小物に限らす、上級者はインテリアや服にも取り入れられるかもしれませんね。  昔から伝わってきた和柄のパワーを借りてさらにハッピーを引き寄せることができるかもしれません。


※占い雑学の記事内容に関しては「定説・異説」を問わずご紹介しておりまして当サロンの見解と異なるものもございます。


セッション・カウンセリングのご予約


RSS follow us in feedly

の最新記事

ご予約のお客様へ

平日の18時までにご予約のお客様
平日18時まではビルの4階までお上がりください。オフィス総合受付に「9階のこうせい先生と約束で来ました」とお伝え下さい。
日曜日または木曜日の18時以降にご予約のお客様 OR 建物の入り口がわからないお客様
9階のお部屋で、前のお客様がセッション中の場合がございます。平日18時までは総合受付のある4階へ。平日18時以降と土曜日は直接9階インターフォンで呼び出してください。。

駅からの道順はこちら