MENU

スピリチュアリー東京・信頼できる…当たるなど口コミ多数・癒やしの占いスピリチュアルサロン

波動を高める6つの方法

カテゴリー: 未分類

2016.12.10

water liliy

波動を高めると生き方が変わる

魂のレベルが高くなると、どんな環境にいても周りに影響されず、自分は波動を下げずに生きることができます。 それどころか、自分の高い波動に、周りの人たちを引き上げることさえできるようになるのです。 しかし、普通は、どんなにいい人であっても、周りの波動に影響されてしまうものです。 特に心の優しい人は、相手に対する共感性が高いので、相手や周りの波動をもろに受けてしまい、悩むことも多いのです。 今回は、今すぐできる自分の波動や運気を高める方法をご紹介します。

【1:あこがれの場所に行く】

例えば銀座や表参道といえば、洗練されていて、おしゃれなイメージがあると思います。 自分があこがれて、ちょっと行きにくいようなところに足を向けてみると、その波動を受けて、自分の波動も高くなります。 なにも高級ブティックでお買い物する必要はありません。 ただ歩いたり、カフェでお茶をするだけでもいいので、散策してみると、波動を高めることができます。

【2:よいものを持つ】

自分の着る洋服や、家具や食器もそうです。 贅沢をして、高級品を揃えろと言っているのではありません。 間に合わせでなく、ちゃんと自分が納得して気に入ったものを購入し、大切に使うことで、波動は上がります。 もし金銭的に余裕があれば、いつも買うものよりも少しいいものを買って、長く大事に使うとよいです。

【3:よい人と付き合う】

類は友を呼ぶという通り、素敵な人の友達はみな素敵に見えます。 最初から友達という形でなくていいのですが、職場や学校に、笑顔で穏やかな素敵だと思う人がいたら、そういう人に積極的に話しかけてみるとよいです。 よい人と接していると自然と自分も似たような波動になっていきます。

【4:よい行いをする】

ここからは自分自身の努力でやることです。 実は難しそうで、行動が一番簡単なことです。 募金箱に寄付を入れたり、旅行者に道案内をしてあげたり、電車で席を譲ったりといった、いかにもよい行いというのも、波動を高める近道です。

【5:よい言葉を発する】

相手を励ましたり、優しい言葉をかけてあげることは、相手のためのようで、結局自分のためにもなります。 お世辞ではなく、相手のいいところを見つけてほめてあげるのもいいですね。 最初は恥ずかしいかもしれませんが、ぜひやってみてください。

【6:穏やかな心を保つ】

嫌なことがあった時などに、相手に腹が立つのは当然ですが、いったん冷静になり、「相手はわからないから、そういう嫌なことをするんだ」と考えてください。 事実そうです。 あなたが同じ土俵で怒ったり恨んだりするのはばかげています。

いかがでしたか? 人はどうしても周りの波動に影響されてしまうものです。 でも、自分の波動を高めるのは自分がなにを選択するかにかかっています。 嫌な人のことを一日中恨んでいては自分の波動も下がりますし、逆に人のために何かしようと考えていれば上がります。 波動を上げて、もっともっと幸せになってくださいね。