MENU

信頼できる…当たるなど口コミ多数・癒やしの占いスピリチュアルサロン・東京駅前徒歩3分・スピリチュアリー東京

人生の転機に起きる出来事・その1

カテゴリー: 未分類

2016.12.01

water liliy

人生の転機

人生の転機といえば、はっきりと自分でわかる場合もありますし、わからない場合もあります。 やりたい!と思ったことを一生懸命やり続けて成功し、次のステップへ行くという理想的なものもありますが、なんとなく調子が悪いな、というときが、意外と人生の転機だということもあります。 今回と次回に分けて、人生の転機で起こりやすい変化をお伝えしていきます。

【1:眠くなることが多い】

人生の転機ではどうしようもなく眠気に襲われることが多くなります。 人間は眠っているときに魂が高次元と交信していて、夢として覚えていなくても、高次元の自分から、いろいろなメッセージやアドバイスを潜在意識に受けているのです。 人生の転機では、今までにしたことがないことをしたり、新たなステップを踏むわけですから、当然高次元の自分から受けるメッセージやアドバイスも多くなります。 高次元のほうもこちらにできるだけ多くのレクチャーをしたいので、普段より多くの睡眠が必要となり、眠くなります。 現世的にはたいして環境が変わらないように見えても、高次元から見るとステップアップする場合もあります。 そんなときも眠気が取れないということがあります。

【2:今までやっていたことがつまらなくなる】

今まで面白いと思っていた仕事がつまらなくなったり、楽しく付き合っていた仲間が面倒くさくなったりしたら、人生の変わり目の可能性があります。 自分のステップが上がると、今までの仕事や人間関係などの環境が合わなくなり、だんだんつまらなくなっていきます。 こうした場合は、仕事を手抜きしたり、仲間をないがしろにしたりするのではなく、前向きに転職や独立を目指したり、穏やかな関係のまま距離を置くようにしましょう。 一番良いのは、次のステップに進んだ時に、以前の仕事や仲間たちと再会しても笑顔であいさつできる関係にしておくことです。

【3:病気やケガをする】

身体的なものであれ、精神的なものであれ、病気になったり、入院や通院売るほどのケガをしたりしたときは、人生の変わり目である可能性があります。 病気やケガは、自分の今の人生をもう一度振り返るチャンスで、高次元の自分から、もっとありのままの自分を受け入れて、とか、自分を愛してあげて、大切にしてあげて、というメッセージのことも多いのです。 療養中には日常の雑務のことはできるだけ忘れ、可能であるならば自分が本当は何をやりたいのかを探索してみるといいかもしれません。

いかがでしたか? これらは人生の大きな転機に起きやすいと言われているできごとです。 次回はまた別の視点からいくつかご紹介していきます。