東京日本橋近く占いスピリチュアルサロン・スピリチュアリー東京

前世に関わる4つの事

カテゴリー:

2016.10.21

water liliy

前世という過去

スピリチュアルの世界だと人の魂は何度も転生を繰り返して様々なことを学び、成長していくと言われています。 霊能力が高い人は、人の前世(過去世)をみることができるといわれていますが、普通はわからないものです。 霊能者やスピリチュアル・カウンセラーに見てもらいたいという気持ちはあっても、有名なカウンセラーは予約が取れなかったり、かといって怪しい人に適当なことを言われるのは嫌。

占いのような体系的な学問と比べ、霊能力は個人の能力に左右されるので、なかなか相談しづらいのではないかと思います。 でも、自分の前世は何だったか知りたいですよね。 実は、日頃の何気ない習慣やくせが、前世に関わっていたりするのです。 そこで、今回は前世に関わる4つのことをご紹介していきます。

【1:どうしても嫌なこと】

大抵は、小さい頃のちょっとしたトラウマが関係しているのですが、まったく心当たりがない場合は、前世の記憶です。 狭いところが嫌いな人は、独房に閉じ込められた経験があったり、戦争映画が異様に怖い人は戦争経験があったり、という可能性があります。

また、反体制的な考え方をする人は前世で弾圧を受けたことがあったりします。 異性があまり好きでない人は前世で聖職者だった可能性が高いと言われます。 お酒が全然飲めない人は、前世でお酒を飲みすぎて反省し、今世では飲めなくなっている場合もあります。

【2:強く心惹かれること、得意なこと】

これは先程の逆のパターンです。 イギリスが好きでたまらない!とか、幕末ファンだ、というのも、前世でイギリス人だったり、幕末を生きていた可能性が高いのです。 場所や歴史上の心惹かれることはもちろん、食べ物や着るもの、音楽の好みも前世から受け継がれていることが多いのです。

また、特技や人より抜きん出てできることは、前世から経験があるものです。 ピアノがうまい人は前世から弾いていたり、足の速い人は、前世、誰かの命を救うために必死で走ったことがあるかもしれません。

【3:なぜか安心すること】

森林にいると落ち着く、田舎暮らしがしたい、都会じゃなきゃ暮らせない、海が好き、など、落ち着く場所は人それぞれです。 これも小さいときからの慣れが大きく関係していますが、前世から受け継いでいる場合が多いです。 場所だけでなく人もです。 初対面なのになぜか安心する人は、前世で家族や友人だったことがあります。

【4:はっきりとした夢】

まれですが、色も内容もはっきりした夢を見ることがあります。 メッセージ性が高ければ高次元からのメッセージの可能性がありますが、内容が比較的現実味を帯びていたりすると、前世を夢の中で追体験している場合があるのです。 とくに、何度も見る夢はその可能性が高いです。

自分のくせや、なぜが引っかかることは、前世から引き継いでることがあります。 自分を見つめれば、なんとなく前世が見えてくるかもしれませんよ。


※占い雑学の記事内容に関しては「定説・異説」を問わずご紹介しておりまして当サロンの見解と異なるものもございます。


セッション・カウンセリングのご予約


RSS follow us in feedly

の最新記事

ご予約のお客様へ

平日の18時までにご予約のお客様
平日18時まではビルの4階までお上がりください。オフィス総合受付に「9階のこうせい先生と約束で来ました」とお伝え下さい。
日曜日または木曜日の18時以降にご予約のお客様 OR 建物の入り口がわからないお客様
9階のお部屋で、前のお客様がセッション中の場合がございます。平日18時までは総合受付のある4階へ。平日18時以降と土曜日は直接9階インターフォンで呼び出してください。。

駅からの道順はこちら