スピリチュアリー東京・スピリチュアルカウンセラー占いサロン

相続問題悩み解決

【相続のお悩み相談】長男が全部持っていこうとして困っています。

親の遺産、長男の方がすべて持っていこうとしていることで困っている、という方の悩み。遺産相続をめぐっては、何かとトラブルはつきものですね。さて、今回のようにすべて持っていこうとする長男の方の心理。遺産相続ということは、スピリチャル的視点から見るとどのようなことが言えるのか、考えていきたいと思います。

◇すべてを持っていく長男の心理

親の遺産、すべてが欲しい。そう思う長男の思いは、おそらく損得勘定の何物でもないでしょう。しかしながら、この世の中に「遺産を相続して大成功!」という話をほとんど聞くことがないのは、やはり現世的に見ても遺産を相続することは、損得勘定で簡単に測れるほど「得」が少ないからでしょう。ましてそこに「徳」は存在しないと考えた方がよいともいえそうです。遺産を相続にあたって「徳」を積むならば、手にした遺産を世のため、人のために使うこと。そうすれば、「遺産を相続して大成功!」ということも起こりうるでしょうし、実際、そういう方もいらっしゃるともいますが、そのような方は自分の成功をひけらかすことがないので世に知れ渡りにくい。
いずれにしても遺産相続に限らず、人生の選択を損得勘定で行っている限り、人は幸せにはなれない、と思っておいた方がよさそうです。なぜならこの世界では物の価値など一瞬にして変わるからです。変わらないのは、ご自身が積んだ「徳」であるということを忘れないことです。

◇遺産相続ほどやっかいなことはない

スピリチャル的視点からみれば、遺産相続ほどやっかいなものはないと考える方がほとんどだと思います。自分がなしたわけでもない財を引き継ぐのは、それに伴うあらゆるものを引き継ぐこと。財を成す過程で払われた犠牲や、もしかすると怨念もそこにはついて回るかもしれません。何も遺産相続はするな、と脅かしているのではなく、やはりそのすべてを引き継ぐのは、それなりの覚悟がいることで、引き継いだそれを自分の私腹を肥やすだけに使うことは、あまり良い結果を生まなそうだということです。長男がすべての遺産を持っていこうとしているなら、それは有難いと思える一面もあるかもしれないことに気が付きましょう。あなたを苦しめているのも、遺産に執着する自分の心であることに気が付いたとき、解決の糸口が見えてくるかもしれません。


※占い雑学の記事内容に関しては「定説・異説」を問わずご紹介しておりまして当サロンの見解と異なるものもございます。


セッション・カウンセリングのご予約


の最新記事

ご予約のお客様へ

平日の18時までにご予約のお客様
直接ビル9階へお越しください。インターフォンから「光せい」の内線番号でコールしてください。概ね10分程度前からご案内できます。
日曜日または木曜日の18時以降にご予約のお客様 OR 建物の入り口がわからないお客様
【20分以上前に来て休憩したい方は】平日18時までに限り4階総合受付で「9Fのこうせい先生と待ち合わせなので時間まで待たせて欲しい」と伝え4階ロビーでお待ちいただけます。トイレも奥にございます。

駅からの道順はこちら