スピリチュアリー東京・スピリチュアルカウンセラー占いサロン

カテゴリー:

聖職者

【スピリチュアル質問】前世で聖職者だったことがある人の特徴はなにかありますか?

宗教上の聖職についている人、人々に教えを説き、伝える人を聖職者と呼び、仏教でも高僧を聖職者と呼びますが、前世においてこのような境遇にあった方は、今世においても何かしらその特徴のようなものがあるとされています。具体的にどのような特徴があるのか、見ていきましょう。

◇前世で聖職者であると恋愛が苦手?

聖職者は、性的な欲求を抑圧し、性欲を禁止していた歴史もあることから、前世で聖職者であった人は、今世でも性的なことを自ら抑えてしまうことがあると考えられています。恋愛に関して、また異性と関係を持つことに関して、訳もなく罪悪感を持つという感じで、自分でも確固とした理由もないのに、恋愛、異性を遠ざけてしまうことがあるようです。しかしながら、そのような人がすべて恋愛ができないのか、というとそうではありません。
前世リーディングなどを通して、自分の恋愛に奥手な原因がわかってから前向きになれる人や、前世で、聖職者にあった時代にご縁の深かった方との再びの出会いが、今世での恋愛に発展するということもあるようです。

◇前世で聖職者であると自己犠牲が過ぎる?

常に相手のことを考え、人の幸福を祈ってきた前世で聖職者あった人は、今世の生き方もその傾向が強く、行過ぎると自己犠牲ばかりの人生になってしまうこともあります。本当の自分の気持ちを押し殺し、人のためにと生きていると、いつしか自分の願いが分からなくなり、自分がどう生きていけばいいのか、見失ってしまうことも。いつも自分のことが後回しになってしまう、という人は、もしかしたら前世で聖職者であった可能性があるかもしれませんね。

◇前世で聖職者であると経済的に困窮する?

前世で聖職者であると今世において「お金を稼ぐ」ということにも罪悪感を覚える方もいるようです。そのため、余裕のある暮らしを望んでいるのに、気持ちのどこかに経済的な自由を手に入れることにブレーキがかかってしまう、ということがあるようです。しかしながら、経済的自由は多くの人を助ける手段ともなり、前世で聖職者であった方の中にも、成功者はたくさんいてそれを世の中に還元している方は多くいると考えられます。


※占い雑学の記事内容に関しては「定説・異説」を問わずご紹介しておりまして当サロンの見解と異なるものもございます。


セッション・カウンセリングのご予約


の最新記事

ご予約のお客様へ

平日の18時までにご予約のお客様
直接ビル9階へお越しください。インターフォンから「光せい」の内線番号でコールしてください。概ね10分程度前からご案内できます。
日曜日または木曜日の18時以降にご予約のお客様 OR 建物の入り口がわからないお客様
【20分以上前に来て休憩したい方は】平日18時までに限り4階総合受付で「9Fのこうせい先生と待ち合わせなので時間まで待たせて欲しい」と伝え4階ロビーでお待ちいただけます。トイレも奥にございます。

駅からの道順はこちら