スピリチュアリー東京・スピリチュアルカウンセラー占いサロン

カテゴリー:

告白

告白のハードルを下げる心理学

告白したいのに、いざ好きな人を目の前にするとそっけない態度をとってしまったり、声もかけずに通り過ぎてしまったり、と心を裏腹な態度をしてしまうことはしばしばあります。
こんなままじゃ、告白どころか声をかけることさえ難しい……。そのような時、潜在意識に働きかけて告白のハードルをぐんと下げてみましょう。

◇心と裏腹な態度の正体

私たちにはしばしば、大好きな人に好きと伝えたいのに、わざと気のないふりをしたり、緊張し過ぎて声すらかけることができなかったり、目も合わせられない、そんなことが起こります。自分でもオートマチックにこういった行動になってしまうので、どうしたらいいのか、と悩んでいる方もいるでしょう。
こういった心と裏腹な態度をオートマチックにしてしまうのは、実は潜在意識と自分の連携がうまく行っていないときに起こります。この障害をのぞけば、告白のハードルはぐんと低くなります。気が付いたら告白できていた、ということにもなるかもしれませんよ。

◇潜在意識の力を発揮させる

潜在意識は、自分が望むことを実現できるように働きます。けれど、その力を十分に発揮させるには自分の中にある本当の望みをきちんと潜在意識に伝えなければいけません。矛盾した表現は潜在意識には伝わりません。例えば「告白したいのに、できない」という人間らしい矛盾は潜在意識には到底理解のできないものです。「したい」と「できない」どっちなの?いう混乱が、自分と潜在意識の障害を作ります。では、どうすればよいのか。矛盾を取り除きます。「したいけどできない」ではなく「したいからやる」にするのです。
告白したい場合、まず、今自分にできることをすぐに始めます。ここでのポイントは、必ずできることをやることです。どんな小さなことでもいいのです。「目があったら会釈をする」でもいいのです。でも必ず行います。潜在意識に「告白したいから会釈をする」を伝えるのです。これを続けて行くうちに潜在意識はパワーを発揮しだします。いつの間にか会釈から、挨拶に、雑談に、食事に行く約束に……。そんなにうまく行くの?と思ったら、まずは行動してみることです。自分の明日は自分で作ることができます。


※占い雑学の記事内容に関しては「定説・異説」を問わずご紹介しておりまして当サロンの見解と異なるものもございます。


セッション・カウンセリングのご予約


の最新記事

ご予約のお客様へ

平日の18時までにご予約のお客様
直接ビル9階へお越しください。インターフォンから「光せい」の内線番号でコールしてください。概ね10分程度前からご案内できます。
日曜日または木曜日の18時以降にご予約のお客様 OR 建物の入り口がわからないお客様
【20分以上前に来て休憩したい方は】平日18時までに限り4階総合受付で「9Fのこうせい先生と待ち合わせなので時間まで待たせて欲しい」と伝え4階ロビーでお待ちいただけます。トイレも奥にございます。

駅からの道順はこちら