スピリチュアリー東京・スピリチュアルカウンセラー占いサロン

カテゴリー:

いやがらせ

【ご近所トラブルのお悩み相談】 近所の人が嫌がらせをしてきて困っています。

ご近所のトラブル、本当に困りますね。とても頭を悩ませることと思います。もっともよい方法は、出来ることならその場から離れることが一番だと思いますが、そう簡単には行きません。そのような場合、どのように対処したら良いのでしょう。

◇ご近所トラブルを起こす人の心理

ゴミ屋敷や、騒音を立てるなどテレビでも、ご近所のトラブルが報道されることがあります。あのような行動を起こす人には、共通する特徴があるように思います。 まず一つ目は、とても孤独であるということ。二つ目に極端にコミュニケーションをとることが苦手で自分の思っていることをうまく表現できないこと。三つめは実は、本人も困っているということ。 三つ目の本人が困っている、ということにはうなずけない方もいらっしゃるかもしれませんが、当の本人も、もうその迷惑行為のやめ方をどうしたらよいのか分からなくなってしまっている、誰も相談できる相手がいないように思います。 いずれにしても明確に言えることは、決して幸せではない人。自分の人生に満足いっていない人がそのような、迷惑行為、嫌がらせという行動をとるということは、容易に想像できます。

◇決して一人で解決しようとせず、相談する

おそらく自分の満たされない思いを迷惑行為として表現しているならば、それを周りが満たしてあげることは、ほとんど不可能に近い話のように思います。当人の満たされない気持ちは、当人が気が付き、解消しない限り、まして家族のように心理的に近い存在にもない隣人には、残念ながらどうすることもできません。このようなご近所トラブルは、当人の心理的な問題が解決されることを祈りつつ、周りの方たち、行政に相談し、解決の糸口を見つけていくより他にないのではないでしょうか?できれば避けたいと思っている警察への通報もあまりにも度がひどい時には考えなくてはいけません。大切なことは決して一人で解決しようとせず、また間違っても相手と同じ土俵に上がらないこと。相手と同じ波動になったり、魂のレベルを下げてしまう行為はしてはいけません。気分を大きく害するときもあるでしょう。しかしながら、いかなるときも自分の魂の「徳」となるような行為を選択していきたいものです。


※占い雑学の記事内容に関しては「定説・異説」を問わずご紹介しておりまして当サロンの見解と異なるものもございます。


セッション・カウンセリングのご予約


の最新記事

ご予約のお客様へ

平日の18時までにご予約のお客様
直接ビル9階へお越しください。インターフォンから「光せい」の内線番号でコールしてください。概ね10分程度前からご案内できます。
日曜日または木曜日の18時以降にご予約のお客様 OR 建物の入り口がわからないお客様
【20分以上前に来て休憩したい方は】平日18時までに限り4階総合受付で「9Fのこうせい先生と待ち合わせなので時間まで待たせて欲しい」と伝え4階ロビーでお待ちいただけます。トイレも奥にございます。

駅からの道順はこちら