スピリチュアリー東京・スピリチュアルカウンセラー占いサロン

先祖供養と慰霊祭が「恋愛運に恵まれない人」に大切な理由は?

慰霊祭祈願供養

先祖供養と慰霊祭が「恋愛運に恵まれない人」に大切な理由は?

「恋愛がうまく行かない」「少しもいい出会いがない」そのような状況のときは、神にも仏にも手を合わせたくなる気持ちは、多くの人が抱くものです。「この状況をどうにかして下さい!」思わず、願をかけたくなるものですよね。
しかしながら、先祖供養や慰霊祭との関わる際は、注意が必要です。かかわり方を誤ると状況を悪化させてしまうことになるかも……。

◇先祖供養と「開運」の関係

「恋愛運に恵まれない!」と思うとき、あなたが開運したいのはほかでもない恋愛の運、です。そのような時、縁結びの神様を訪れたり、お守りを持ったりすることは間違いではありません。けれども、そのような状況のときに、訪れたご先祖のお墓の前で、またはご縁のある慰霊祭などでも「この恋がうまく行きますように」「良いご縁に巡り合いますように」などと手を合わせることはいかがでしょうか。
そもそも慰霊祭は、亡くなった方の霊魂を慰め鎮めるために行われる祭事です。神として祀られている対象であっても、願いをかけるのは間違い。
先祖供養にしてもそうです。例えば、訪れたおばあちゃんのお墓参り。生前、あなたをとてもよくかわいがってくれたおばあちゃんなら、なおさら願をかけることは間違いです。あなたが苦しんでいる状況を、優しいおばあちゃんが聞きつけたら、ゆっくり休むこともできません。

◇自分のルーツを知る

結婚をすることを「身を固める」などと言いますが、身を固めるためにはあなたがあなた自身のルーツについて知っておくこともとても大切です。自分という命が誕生するまでに存在したご先祖さまたちのことを、どれくらいご存知でしょうか?お墓参りをきっかけにご両親や、おばあさま、おじいさま、親せきの方などにどんなご先祖様がいらしたのか、お話を伺うのもとてもいい機会ですね。あなたは、これまでに感じたことない命の不思議さや、自分の中に受け継がれる「血」について思いを馳せることでしょう。
自分という人間が生まれるまでに、脈々と受け継がれてきた命。そして、今、あなたは結婚という人生の大きな節目を意識しているのです。結婚は「家」と「家」が結ばれるもの。この表現に、現代らしくない、私は家と結婚するのではなく、彼と結婚するのだ!と反発したい気持ちをお持ちの方もいるかもしれませんが、このように自分が生まれるまでの命のつながりを感じれば、「家と家が結ばれる」という事実についても素直に心を向けることができるのではないでしょうか?
お墓参りに行ったら、ご先祖様にはこれまで命をつないでいただいた感謝をお伝えすると同時に、その流れに、新しい流れを合流させたい、つまり「結婚を考えている」ということをご報告しましょう。

◇花火大会は大きな慰霊祭

夏は、お盆がありご先祖様があの世から帰ってくると言われています。夏に行われる花火大会は、実は先祖供養の意味もあるのをご存知でしたか?大きな慰霊祭と考えるとよいでしょう。
結婚をしたい、この人と結ばれたい、という方がいらしたら、お二人で花火大会に出かけるのもいいですね。そして大きな慰霊祭であることを心にとめ、二人が出会えたこと、ここまで命をつないでくださった両家のご先祖様に、感謝の思いを夜空の花火に託してお伝えしましょう。きっと、お二人の命の合流がうまく行くように応援して下さることでしょう。

◇エネルギーを変える先祖供養や慰霊祭

では、思わずやってしまいそうになる、先祖供養や慰霊祭での願掛け。本来はどのようにすべきなのでしょうか?
まずすべきことは亡くなった方のご冥福をお祈りすること。そして、今、自分が生きていることへの感謝、「自分は頑張っているので、安心してお休み下さい」と伝えることです。そうすることで、ご先祖様はあなたを安心して見守ってくれるでしょうし、いざという時にはお力を貸して下さるもの。そうして、大きな変化として、あなたの中で「頼る」という恋愛に対する姿勢から積極的な姿勢にスイッチが入れ替わります。ぐっと前向きになれるはずです。先祖供養や慰霊祭に正しく関わることは、自分の行動と意識を変える良いきっかけともなるでしょう。


※占い雑学の記事内容に関しては「定説・異説」を問わずご紹介しておりまして当サロンの見解と異なるものもございます。


セッション・カウンセリングのご予約