スピリチュアリー東京・スピリチュアルカウンセラー占いサロン

カテゴリー:

交際占い

喧嘩しない幸せな交際を続けるために

せっかく付き合っているのに喧嘩ばかりしてしまうカップルがいます。喧嘩となるとお互い感情的になったり、無視して冷戦状態が続いたりで仕事やそれ以外の私生活にも影響を与えるかもしれません。喧嘩をなるべくせずに幸せな交際を続けるためにどうしたらよいのか考えていきましょう。

 

【相手の言い分を聞く】

喧嘩するときにはアドレナリンがお互いに大量に分泌してイライラしている状態です。ですから、冷静にしましょうというほうが難しいでしょう。しかし、ここをグッとこらえて相手の言い分だけ聞いてあなたが冷静になることによって相手に考えさせる時間を与えることが出来ます。そうすると、自然と相手も落ち着いてくるのでそのときにしてみましょう。

 

【投げやりにならない】

喧嘩するときに、相手の話を遮って、「わかったから」「はいはい」「もういい?」というような発言をしていませんか?あなたは、相手を落ち着かせるためにいっているつもりかもしれませんが、逆効果です。真剣に話を聴いていないと思われがちです。

【喧嘩になる前に日常で発散】

大きな喧嘩は小さな不満の積み重なりによっておきます。浮気などは、突然発覚して大きな喧嘩になるので例外ですが…。日頃、不満を言い合えていないと大きな喧嘩のときに言わなくてもいい言葉を発してしまい必要以上にパートナーを傷つけてしまう可能性もあるのです。冗談を言い合える楽しいいつものデートの中で嫌だな、改めて欲しいなと思う点があれば、その都度言い方を工夫して伝えておくべきでしょう。

【喧嘩もときには必要】

占いにも喧嘩が絶えないといって相談に来る人もいます。喧嘩はしないに越したことはないでしょうが、恋愛において喧嘩は時には必要なのではないでしょうか。とくに、恋愛中の喧嘩はその人との将来を見極める大切な期間でもあると思うのです。そのとき、お互いがどれだけ相手に歩み寄ってあげられるか、喧嘩を繰り返しながら自分にとってその人がかけがえのない相手なのか判断していくと良いでしょう。

 

いかがでしたか?喧嘩したときも、一人で抱え込んでいると考えが狭まってしまい、自分は悪くないなど相手のせいにしがちです。そうではなくて友人や占いを上手く利用して第三者意見も取り入れてみてくださいね。


※占い雑学の記事内容に関しては「定説・異説」を問わずご紹介しておりまして当サロンの見解と異なるものもございます。


セッション・カウンセリングのご予約


の最新記事

ご予約のお客様へ

平日の18時までにご予約のお客様
直接ビル9階へお越しください。インターフォンから「光せい」の内線番号でコールしてください。概ね10分程度前からご案内できます。
日曜日または木曜日の18時以降にご予約のお客様 OR 建物の入り口がわからないお客様
【20分以上前に来て休憩したい方は】平日18時までに限り4階総合受付で「9Fのこうせい先生と待ち合わせなので時間まで待たせて欲しい」と伝え4階ロビーでお待ちいただけます。トイレも奥にございます。

駅からの道順はこちら