スピリチュアリー東京・スピリチュアルカウンセラー占いサロン

クラブ夜占い

【キャバ嬢のお悩み】他のキャストがママから依怙贔屓されている

依怙贔屓・えこひいき、いつの時代もあることのようです。他のキャストが依怙贔屓されているのはあまりいい感じはしませんし、だからと言って自分が依怙贔屓されるのも嫌ですよね。こんな時、あなたならどうしますか?

◇依怙贔屓は淋しさの裏返し?

あなたの働いている店のママが、特定の子に優しく接し、あなたやほかのキャストとあからさまに差をつけるようなことをするのであれば、もしかしたらそのママが、心に淋しさを抱えた人なのかもしれません。
特定の人を依怙贔屓するする心理は、逆をいえば、自分もそのように特別に愛してほしい心の叫びでもありますし、そうすることで自分自身を守っているのです。ある意味、贔屓されていない、差をつけられている人から見たらそれは、パワハラとも言えるでしょう。そのようなことをする人の心理的な特徴としては、自分に自信がない、淋しい、仲間をつなぎとめておきたい、というような思いが心の奥深くに眠っていることが多くあります。そして、その多くは本人の自覚のないままに行われます。

◇依怙贔屓する人への対処法

お店の経営者や、トップが行う依怙贔屓は、時としてパワハラにもなりかねません。あまりにも露骨で、仕事をするのにも支障があるという時にはそのお店をやめるという決断も時には必要かもしれません。依怙贔屓は多くは、それをする人自身に原因があります。これは、本人が自覚して、自分の深い心の望みに気が付かない限りはなくなることはないでしょう。気にはなることですが、あまり自分自身の問題として深刻に受け止めないほうが賢明です。ただ、経営者、トップとして無自覚でやってしまっているとしたら、キャストとしてお店のために良くないことを、直接でも間接的にも伝えることは決して悪いことではありません。そうすることでママ自身が、他の子にそんな思いをさせていたのかと、態度を改めなくては、と思うこともあるでしょう。逆にそのことで単なる意地悪で行っていたことが分かったなら、そのお店で無理に働き続けることを考えず、新たなスタートを切るべく準備を始める方がよさそうです。


※占い雑学の記事内容に関しては「定説・異説」を問わずご紹介しておりまして当サロンの見解と異なるものもございます。


セッション・カウンセリングのご予約


の最新記事

ご予約のお客様へ

平日の18時までにご予約のお客様
直接ビル9階へお越しください。インターフォンから「光せい」の内線番号でコールしてください。概ね10分程度前からご案内できます。
日曜日または木曜日の18時以降にご予約のお客様 OR 建物の入り口がわからないお客様
【20分以上前に来て休憩したい方は】平日18時までに限り4階総合受付で「9Fのこうせい先生と待ち合わせなので時間まで待たせて欲しい」と伝え4階ロビーでお待ちいただけます。トイレも奥にございます。

駅からの道順はこちら